刀剣乱舞 (動画)



山姥切=喜一
審神者=千影

撮影=律

山姥切くんでずっと考えていた話を動画で形にすることが出来ました。

カメラは信頼の厚い律さん。ほんと、いつでも私の好きな雰囲気を収めてくれる...今回も安定でした。

音楽は小鳥遊様のピアノアレンジより。今回は直接連絡し、音楽使用を快く許可してくださいました。
動画を見たときからこのBGMを使いたいと考えていたので本当嬉しかった....。
http://www.nicovideo.jp/watch/sm25576924    ←素敵な曲はこちらから。

使いたいシーンが多すぎて、なかなか曲におさまらず
たくさんたくさんカットしてしまったのですが、何か少しでも伝わるものがあれば嬉しいです。


以下、写真と。
ツイッターにあげた際、設定が気になるといただいたので作った時のイメージを。
かなり拙い日本語で読みづらいですが、良かったら追記からどうぞ。























_mansani (1)

































_mansani (2)


































_mansani (4)







































_mansani (3)































_mansani (5)

この話は、まんばくんに誰かを「綺麗」と言わせたくて考えたお話でした。
それでいてまんばくん言った誰かに対しての「綺麗」を否定されてほしかった。
自分が言ってるように。

最初の方から、ちょこちょこ縁側に座ったまんばくんが出てきますが。、あれはラストに出てくるまんばくんと時系列が一緒です。
縁側に座って、遺骨を抱えて、庭を見て、花を見て、廊下や畳の臭い、暮らした全てを見渡して審神者さんを思いだしています。

どこかの記事で、刀剣男子は審神者の力をもらって人になっていると書いてあったので。
人としていられる残り僅かを、縁側で思い出と一緒に過ごしています。
(もしかしたら、審神者が死んだらその場で刀剣男子が消えてしまうかもですが、
”蓄えられた力がなくなるまでは人としていられる”という思いっきり捏造設定です)

そしてラスト、「いまさら、気付いた。あんたに花が似合うということ」。
動画だと、「自分の手に持っている花を見て空想で彼女に添えて、似合うと思った」みたいになっていますが。
実際は仏壇に添えられた花と、真ん中にある彼女の笑った写真を見て「似合う」と思ったという、どうでもいい裏設定がありました。
入れたくて入れたくてしょうがなかったシーンですが、仏壇撮影するわけにもいかず、泣く泣くカット....。
そこで、まんばくんは「自分に花を添えて綺麗だと笑った彼女」を思いだして、初めて声も上げずに泣いて。
たくさんのことを悔いたまま、あの動画に至ります。




_mansani (6)

審神者さん。
とある友人と話した「審神者は人と刀剣男士を線引きしている」という話が
どうしても頭から抜け出せなく、この話の大前提の設定になりました。
審神者は刀剣男士を人として見ていません。

出会い頭は、「貴方は”人”になったの」なんて言い。
「綺麗な姿ね」なんて言って、いきなり触れようとしてまんばくんに拒否られます。
人になったと言いながら、全然人間扱いをしていない。

でも、まんばくんときまずくなったり、ちょっと言い合いをしたり、一緒に生活をして、
刀剣男士を人として見るようになります。

動画にはないですが、少しの怪我で手入れ部屋に連れて行こうとしたり、
刀剣男士達に戦いに行かせて、自分は戦わないということに疑問を抱いたりします。
なので「花は綺麗な人が似合うもの」と彼に花を添えて励まそうとして、
逆に花が似合うと返され、「こんな仕事してる私は綺麗ではない」と言って立ち去りました。

最後は病気を患い、死んでしまいます。
なぜこんな唐突に死んだかはご想像にお任せします。
未来の世界にどんな兵器があるか分かりません。


最後まで彼女は彼を綺麗と言いました。




動画の最初に一応、山姥切×審神者のような描写がと入れましたが
この二人は特に恋も何もなく、お互いがお互いに大切な存在だったというイメージです。
正確には恋愛までいくにはあまりに短かった。





完璧自己満足な設定にお付き合いいただき、ありがとうございます。
またいつかいろいろ考えながら、動画作れたらいいなー。

スポンサーサイト

2015年09月10日 | 動画 | コメント 0件 | トラックバック 0件 | トップ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ見せる

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)